R&FC梁上断熱システム

見過ごされてきた危険 突然の天井落下

5年前の東日本大震災では、全国2,000か所もの天井が落下。
死者は5人、負傷者は70人以上となりました。
これまで、天井には落下を防止する対策がほとんど取れれていませんでしたが、ようやく国は基準を設け、揺れに強い天井の設置を義務付けましたが、コストも掛かり工期も長くなってしまいます。

同社も震災直後に、地震に強い天井の研究を開始し、試行錯誤の末、開発に至ったのが、
R&FC梁上断熱システムです。
通常、屋根と天井の施工は別々に行われ、体育館や工場等の天井施工では、屋根と天井の施工を同時に行うため、足場設置が不要、工期も短縮します。

 

 

「R&FC梁上断熱システム」 4つの特長

1.揺れに強く落下しにくい天井

屋根材・断熱材・天井材を一括施工し梁上で固定するため、天井崩壊の危険性を可能な限り軽減しました。

 

2.フラット仕上げの天井部

下葺材の基材は耐食性に優れたカラーガルバリウム鋼板を採用。カラーバリエーションも標準でアイボリーとホワイトの2色をご用意。オプション多数。

 

3.断熱性能が向上

従来の2重折板と比べ、より性能の高い断熱材の使用が可能となりました。

 

4.吸音率・遮音性が向上

下葺材にパンチング加工して吸音率を高めました。屋根との間に広いふところが取れるので、遮音性の高い素材を組み込むことが可能になりました。

「R&FC梁上断熱システム」の施工手順
1 ニュータイトの溶接
2 下葺材の取付
3 下葺材のビス固定
4 下葺材施工完了
5 断熱材の敷き込み
6 折板葺き
7 吊子固定
8 完成!

この件に関するお問い合わせ先

(株)かな和工業
TEL.0763-52-4012